鼻づまりの解消はホスピタルにお任せ|耳鼻科で鼻スッキリ爽快

doctor

減感作療法のすすめ

couple

ムズムズ鼻からの解放へ

くしゃみに鼻水、鼻づまり、アレルギー性鼻炎の方々は不快な症状にほぼ一年中悩まされています。できれば完全に治してしまいたいものです。ですが、薬物療法や手術はアレルギー性鼻炎の症状を和らげることはできても、「治す」ことはできません。 アレルギーとは、体に入ってくる特定の異物(=アレルゲン)を免疫系が排除するはたらきが過敏すぎて、不快な症状を引き起こすことを言います。アレルゲンに過剰反応するかどうかは、その人の体質によります。逆に言えば、体質を変えない限り、アレルギー性鼻炎を完全に治すことは難しいのです。 そこで注目されているのが、減感作療法なのです。 減感作療法では、アレルゲンを少しずつ体内に入れていきます。少しずつ入れることによって、免疫系がアレルゲンを「敵だ」と見なさなくなっていきます。免疫系にとってアレルゲンが敵でなくなれば、アレルギー反応は起こりにくくなります。減感作療法はアレルギー性鼻炎を「治す」ことに、最も近い治療法と言えるのです。

根気よく続けてみよう

減感作療法の主流は、アレルゲンを直接注射で取り入れる注射法から、痛みや副作用のより軽い「舌下免疫療法」へと移行しています。これは、アレルゲンを含むエキスを舌の下に滴下して体内に吸収させるものです。最初は毎日行い、徐々に間隔を空けたり滴下する薬量を増やしたりするのが主流のようです。最低二年間は耳鼻科へ続ける必要があるようです。ですが、これは自宅で行えるため簡便で、継続していくのは決して難しくないでしょう。 舌下免疫療法はアレルゲン注射法に比べて、重篤な副作用の報告もなく安全性は高くなっています。 長期間の治療には根気もお金も必要です。ですが、アレルギー性鼻炎のつらい症状から長期的に解放される可能性が高い唯一の治療法が、減感作療法なのです。試してみる価値は大いにあるでしょう。